apstagSlots[0] = { 1,500万円から2,000万円というと、ずいぶん大きな金額に感じるかもしれません。今から貯めて間に合うのか心配に思う人もいるでしょう。 ョン. const articleIds = []; found_url = location.href, //現在のURL }; ョンで公的年金だけで老後資金をどこまでカバーできるのかチェックしてみましょう。 var appear = false; slotName: '/62532913/s_fuelle_300x250_soukyakuwakushita1st_25931', }); このうち個人が自分で銀行、証券会社、保険会社などで口座開設をして積み立てるのがiDeCo(個人型確定拠出年金)です。月々5,000円以上1,000円単位で、預金口座から自動振替で積み立てます。公的年金の加入状況等により、月々貯める金額は月額12,000円~68,000円の上限があります。, ●つみたてNISA } else if (document.URL.match('/save_prepare/detail/id=3632')) { 03 独身者が老後にもらえる年金はいくら?. 2013年に高年齢者雇用安定法が改正され、民間企業の定年は60歳から段階的に引き上げられています。また2019年5月からは政府が国家公務員の定年引き上げを検討するなど、老後のスタートが60歳よりも後になる動きが進んでいます。 } else if (!document.URL.match('tag_id')) { 'right': '-50px' //右から-50pxの位置に googletag.cmd.push(function() { readyBids.amazon = true; 'event':'auto_pageview', } else { ■生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査 平成30年度(2018年度)」 title.each(function(i){ googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); body.toggleClass('js-nav-open'); googletag.defineSlot('/27980561/191004_fuelle_overlay', [[320, 100], [1, 1], [320, 50], [320, 91]], 'div-gpt-ad-1570154590195-0').setTargeting('client', ['aozora_3632']).addService(googletag.pubads()); if (!paramString) return result; 'scroll_depth':info.depth, // スクロール深度(2記事目から1,2,3~とインクリメント) } else { info.title, } googletag.defineSlot('/27980561/191004_fuelle_overlay', [[320, 100], [1, 1], [320, 50], [320, 91]], 'div-gpt-ad-1570154590195-0').setTargeting('client', ['aozora_7372']).addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_right1st', [300, 250], 'div-gpt-ad-1532055862384-0').setTargeting('client', ['sonylife2']).addService(googletag.pubads()); ); } return false; }); result[key] = [].concat(result[key], decodeURIComponent(keyValue[1])); ®ã—引いた支出)は139,739円です。 内訳は以下の通りです。 // category } ); targetList.css('visibility', 'hidden'); // QueryStringを指定して一覧を取得 if (document.URL.match('/search_list/')) { //bot対策 pageInfo = [], //記事情報のまとめ pushScrollDataLayer(); found, appear, index = 0 const keyValue = pair.split('='); 老後の生活費はいったいいくらかかるのでしょう?「老後も楽しく幸せな一人暮らしをするには」今からどのくらい貯金が必要なのでしょうか。生活費のうちどのくらい、年金で賄えるのでしょう。「おひとりさま女性」が老後も幸せな暮らしを送るために、先立つものはまず、お金です。 漠然とした不安を一緒に整理することで、将来への展望が開けるとともに、貯金も貯まりやすくなるかもしれません。, 【参考文献】 const getQueryParam = function () { 持っている貯蓄残高の分布をグラフ(図表1、2)でみてみると、左側に偏っています。金額が低いほど該当する人の割合が多く、金額が高いほど該当する人の割合が少ないことがわかります。つまり、貯金が多い人よりも、貯金が少ない人の人数が多いということです。 }; googletag.cmd.push(function () { pairs.forEach((pair) => { if (document.URL.match('/save_prepare/detail/id=2437')) { bottom_pos = $(window).height() + $(window).scrollTop(), const key = keyValue[0]; if (typeof targetQueryParam === 'string') { var targetList = $('p#' + readmoreArticleIds[i] + '.js-nav-readmore-btn'); var menu = $('#js-spNavi__menu'), // スライドインするメニューを指定 const result = []; function updateCurrentDepth(depth){ apstagSlots[0] = { 老後資金の必要額を、独身の方向けに収入と支出から、いくら貯めれば良いのか計算してみました。 window.googletag = window.googletag || {cmd: []}; return false; apstagSlots[0] = { const queryParams = getQueryParam(); htpps://~~~?readmore_article_id=289 と指定すると title.each(function(i){ } appear = false; googletag.cmd.push(function() { }; slotID: 'div-gpt-ad-1562198480407-0', googletag.cmd.push(function() { } else { if (!pairs.length) return result; return preScroll < $(window).scrollTop(); }); 'action':'continue', slotName: '/27980561/s_fuelle_300x250_shinchakukijiichiranshita_25931', updateCurrentDepth(appearTitleBottom().depth); googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_middle_tag', [300, 250], 'div-gpt-ad-1568708088749-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_right1st', [300, 250], 'div-gpt-ad-1532055862384-0').setTargeting('client', ['aozora_7372']).addService(googletag.pubads()); //スマホで「続きを読む」が無いときはすぐに次ページを読み込む(PCでは「続きを読む」は非表示になっているだけ) とはいえ、運用をしたことがない人には、いきなりリスクのある運用を始めるのは抵抗を感じるかもしれません。実際に、老後に向けて貯金したい、または老後資金を準備した人が選んだ方法は、圧倒的に預貯金が多いようです。, [図表8]老後に向け準備したい(した)公的年金以外の資産(単位:%) // set failsafe timeout } ■総務省「老後の生活設計と公的年金に関する世論調査 平成30年度(2018年度)」 menuWidth = menu.outerWidth(), top_pos = $(window).scrollTop(), ■厚生労働省「簡易生命表(2017年)」 menuBtn = $('#js-spNavi'), // メニューボタンを指定 slotID: 'div-gpt-ad-1570154590195-0', initReadmore(); var requestAdServer = function () { return appear; そこで、貯蓄を持っている人を貯蓄高順に並べてみると、ちょうど中央にあたる人の貯蓄高(中央値)は男性が480万円,女性が679万円です。これが、貯蓄を持っている独身者の中で「中の中」にあたる金額と考えてよいでしょう。, ●年代別 独身の貯金の平均額 }; }); googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_cmertv_career', [[1, 1], [300, 250]], 'div-gpt-ad-1589515792256-0').addService(googletag.pubads()); pbFlux.prebidBidder(); return false; googletag.defineSlot('/62532913/s_fuelle_300x250_soukyakuwakushita1st_25931', [300, 250], 'div-gpt-ad-1587692475453-0').addService(googletag.pubads()); function isScrollDown(){ googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_cmertv', [[1, 1], [320, 100], [320, 180]], 'div-gpt-ad-1581642318348-0').addService(googletag.pubads()); if(body.hasClass('js-nav-open')){ googletag.cmd = googletag.cmd || []; 老後資金の必要額「5ステップで簡単計算」 いまから20年~30年後の自分の収支をイメージして、最低限の老後資産を備えておく必要があります。 老後の収入と支出の想像ができれば、必要な老後資金を知るステップの半分ができたも同然です。 return preScroll > $(window).scrollTop(); googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_right1st', [300, 250], 'div-gpt-ad-1532055862384-0').setTargeting('client', ['aozora_6332']).addService(googletag.pubads());   878万5,500円+4,314万3,000円=5,192万8,500円, 次に、老後の収入である年金額を確認しましょう。年金額は会社員だった方と、ずっと自営業・フリーランスとして働いていた方では大きく変わりますので、個別にご紹介します。, <会社員だった方が受給できる年金> }); targetList.addClass('active'); } if(next.length == 0 || next.length >= 2){ pushScrollDataLayer(); $(window).load(function () { 年収を示す赤い折れ線グラフを見てみると、男性では50代にかけて、女性では40代にかけて平均年収が高くなっている傾向が見てとれますが、いずれも微増程度です。むしろ女性では40代をピークに平均年収は減少傾向にあります。にもかかわらず貯蓄残高は年代が高いほど多いことを鑑みると、年収がそれほど増えていなくても、少しずつでも時間をかけて貯金を続けている人が多いと考えられます。 menu.animate({'right' : 0 }, 500); slotID: 'div-gpt-ad-1532055862384-0', var targetList = $('li#' + activeArticleIds[i]); // readmore_article_idで指定した記事Idの続きを読むを非表示にする 一人で老後を迎えることになったら、認知症になったときの身の回りの管理、死後の整理のことも考えておきたいものです。 pbjs.que.push(function () { googletag.cmd.push(function () { var pbjs = pbjs || {}; 'add_param':'continue' pagehome.stop().animate({ そこでまずは、独身の人の貯金の平均額をみてみましょう。, ●独身者の貯金の平均は約1,100万円~1,300万円 // e.g. 特に40歳未満では普通預金だけで約6割を占めています。30代までは貯金額が少なく、貯金の大半は貯めるためのお金というよりも、生活費のためのお金として預金している人が多いのかもしれません。 } 720万円なら、冒頭で述べた貯蓄の平均額があれば十分に足りそうです。しかし、老後に必要なお金はそれだけではありません。 $(function() { }; slotID: 'div-gpt-ad-1568708088749-0', insert.children().first().unwrap(); getQueryParam()[target]; }; }, 仕事もプライベートも充実し、お金もほとんど自分のために使うことができる30代、40代のおひとりさま女性。普段の生活には不満がなくても、お金の相談で一番多いのは、やはり老後の資金についてです。, 将来、年金がもらえるのかという不信感もあり、早い時期から老後資金を貯め始める人もいます。しかしずっと独身で過ごすとなると、どれくらいお金が必要になるのでしょうか。今回は、独身女性に必要な老後資金はいくらなのかと、その貯め方をご紹介します。, 独身女性は、老後に備えていくら用意すればいいのでしょうか?結論からお伝えすると、次のように2,000万~3,200万円は必要です。, 老後資金をいくら用意すればいいかは、「老後の支出」から「老後の収入」を引くことで計算できます。, 「老後の支出」とは、主に生活費のことです。「老後の収入」は、ここでは「年金」と考えます。それぞれがいくらぐらいになるのか確認し、上記の計算式に当てはめると、老後に向けて用意すべき金額がわかります。, 老後の支出はどのくらいなのでしょうか。2020年に総務省が実施した「家計調査」によると、60歳以上の独身女性の1ヵ月の生活費は14万6,425円、そのうち65歳以上は14万3,810円でした。, 65歳以上の独身女性の「生活費の内訳」は、表1のとおりです。歳を取ってからも、被服費や交際費、娯楽費などはそれなりの金額がかかることがわかります。, では、例えば90歳まで生きるとすると、60歳から90歳までに必要な生活費はどのくらいになるのでしょう。計算してみると、何と「5,192万8,500円」もかかるのです。, ・60歳から65歳まで googletag.pubads().enableSingleRequest(); $('.js-nav-readmore-btn').last().on('click', function(a){ }); googletag.pubads().enableSingleRequest(); } window.googletag = window.googletag || {cmd: []}; 体的に老後資金がどれぐらい必要になるのか、3つのパターン別に計算してみましょう。計算に使うのは①の「(年間の支出ー年間の収入)×(平均余命ー65歳)+その他の必要な資金=老後資金」です。 sizes: [[300, 250]] //console.log('readmore push'); adServer: 'googletag', 独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出されています(詳しくはこちら)。「60歳までに5,400万円の貯金なんて無理!」と思ったあなた、大丈夫です。 const result = {}; }); var readyBids = { var title = $('.news__title'), // active_article_idで指定した記事Idのliにactiveクラスを付与 if ( navigator.userAgent.toString().match(regex_bot) ){ googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_right1st', [300, 250], 'div-gpt-ad-1532055862384-0').addService(googletag.pubads()); ■総務省 平成26(2014年)年全国消費実態調査「単身世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果」 }); *)\<\/title\>\s?/)[1]; slots: apstagSlots depth = currentPageInfo.depth, 独身女性の老後の消費支出は1ヶ月で約15万円とされています。 女性の場合の厚生年金の平均受給月額は約10万円、国民年金は約5万円です。 将来、お金で心配事をつくらないためにも、確定拠出年金などを活用し資産運用をして老後に備えておくことが大切で … }); } // $(this).css('display', 'none'); } }else{ googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_inread', [[320, 100], [1, 1], [300, 250]], 'div-gpt-ad-1582764237433-0').addService(googletag.pubads()); var apstagSlots = []; appear = true; return true; } } else if (document.URL.match('/seatch_list/')) { news_titles = $('.news__title'), //現在のタイトルリスト // メニューボタンをクリックした時の動き const targetQueryParam = queryParams[targetQueryString]; }else{ googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_underarticle', ['fluid', [300, 250]], 'div-gpt-ad-1553482369107-0').addService(googletag.pubads()); } else if (document.URL.match('/save_prepare/detail/id=7372')) { 'right': '2%' //右から0pxの位置に }; } 実際に、総務省の労働力調査(2017年)によると、60歳から64歳の就業率は男性79%、女性54%と、半数以上の人が働いています。しかしながらそのうち男性の52%、女性の77%は非正規雇用です。非正規雇用では正規雇用よりも給与水準が低い傾向にあり、現役時代と同じ水準の収入を確保するのは難しいと考えられます。60歳以降の生活費は働いて稼ぐだけでなく、現役時代から少なからず貯金しておくと安心です。, ●介護や終活のための費用も必要 googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); }; apstag.fetchBids({ googletag.defineSlot('/27980561/191004_fuelle_overlay', [[320, 100], [1, 1], [320, 50], [770, 220]], 'div-gpt-ad-1570154590195-0').setTargeting('client', ['sonylife2']).addService(googletag.pubads()); }; return articleIds; 年間で48万円の赤字ということですね。 もし100歳まで生きたとして、65歳から100歳までの35年間で1680万円の貯蓄が必要になります。 これに加えて予備費なども必要なので、独身女性でも2000万円程度老後にお金が不足するという計算に … };   14万3,810円×(12ヵ月×25年)=4,314万3,000円 }; if (appear) { updateCurrentDepth(0); requestAdServer(); if (result[key] === undefined) { } $(window).scroll(function () { return; ョン. sizes: [[300, 250]] }; var title_next = data.match(/\s?\(. //初期ページの情報を追加 } return appear; var launchAdServer = function () { window.googletag = window.googletag || {cmd: []}; //news__nextが存在しないとき apstag.setDisplayBids(); currentPageInfo = {} //現在の記事 仮に月3万円を、65歳から85歳までの20年間にわたって貯蓄から取り崩すとしたら、月3万円×12カ月×20年間=720万円が必要です。, ●公的年金がない期間の生活費も必要 last_pos = $('.js-nav-readmore-btn').last().offset().top, //最後の記事の位置 } if (!readyBids.amazon || !readyBids.prebid) { //@return pageInfo, false }; }, failSafeTimeout); http://www.jili.or.jp/research/report/pdf/h30zenkoku/2018honshi_all.pdf index = i; 【独身女性の老後に必要な貯金額②】安心できる貯金額は「最低3000万円」 次は、独身者に実際に必要な老後資金の目安についてです。これについては明確な基準がある訳ではないのですが、それでも「最低3000万円」というのが一つの目安になっています。 グラフの青い部分は、同じく60歳時点で1,000万円に到達するために、2%で運用しながら積み立てた場合に月々で必要な積立額を示しています。たとえば30歳から30年間で1,000万円を目指すとき、積み立てたお金に金利などがつかなければ毎月2.8万円必要ですが、2%で運用しながら積み立てれば、毎月2.1万円でも1,000万円に到達するということです。 仮に、上述した「消費支出」である生活費の月15万円を、60歳から65歳までの5年間分用意すると、月15万円×12カ月×5年=900万円になります。65歳からの20年分(720万円)よりも多額のお金が、60歳からの5年間のために必要ということです。 //load the apstag.js library 【FP監修】独身者の貯金額、平均は?老後の不安にも答えます | リクルートの保険比較サイト【保険チャンネル】, 独身者の貯金の平均額っていくら?30代、40代の平均貯金額は?自分の貯金は平均以上?もしもずっと独身だったら貯金はいくらあれば老後に足りる?十分な貯金のためには月々いくら貯めればよい?人には聞きづらい、独身の人の貯金について解説します。, 独身の人は、自分の収入を主に自分の生活のために使うケースが多いのではないでしょうか。家族を養う必要がない場合は、自由にお金を使えそうです。しかし将来のことを考えると、十分なお金を貯めておきたいもの。いったい貯金はいくらあれば足りるのか、今の自分の貯金額は平均と比べて多いのかが気になり、今よりも節約して貯めなければと心配している人もいるでしょう。 ただ、上記は独身者全体でみた平均値や分布です。「自分の貯金額は中央値にも達していない……」と思う人もいるかもしれません。 preScroll = 0, //一つ前のスクロール位置 insert.load($('.news__next').attr('href') + ' .news__title, .news__content', null, function(data){ // QueryParameter一覧を取得 } $('.news__prev').remove(); 直前になっても理想的な資産形成ができず、老後の生活設計に悩んでいる方も多いと思います。定年を過ぎてもなお住宅ローンが残っているという方は、特に心配が尽きないことでしょう。 currentPageInfo = pageInfo[depth]; googletag.defineSlot('/27980561/s_fuelle_320x100_listoverlay_25931_link', [320, 100], 'div-gpt-ad-1582771580042-0').addService(googletag.pubads()); prebid: false, }); // e.g. googletag.cmd.push(function () { $('.news__prev').remove(); slotName: '/27980561/s_fuelle_300x250_searchresultsunder_25931', } https://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/pdf/gaiyo2.pdf articleIds.push(targetQueryParam[i]); requestAdServer(); found = $(this); //JQElement or undefined } }; 老後に得られる収入として、多くの人が期待するのが年金でしょう。もらえる年金額の概算が分かれば、老後資金として貯蓄がいくら必要かを計算できます。 const getTargetParam = function (target) { ; }); null, }); 月々7千円程度の差ですが、30年間にわたって負担が毎月小さくて済むと思うと、大きな差ではないでしょうか。 https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html, お金を貯める方法はほかにもあります。また、そもそも自分がいくら貯めればよいかは働き方や既に持っている貯金、今後のライフプランなどによって個人差があります。ファイナンシャル・プランナー(FP)は、相談者の状況を丁寧にヒアリングしたうえで、具体的に目指すべき貯金額や適した貯金の方法などの相談に乗ることができます。また、貯金ができないといったお金に関するお悩みごとはもちろん、「このまま独身で一生を過ごすことになったらどうなる?」といったライフプランに関わる相談にも対応しています。 if($('.news__prev').length > 0){ 今、老後を迎えている独身の人は毎月約15万円の生活費で足りていますが、私たちが老後を迎えるころには基本的な生活をするにもそれでは足りないかもしれません。将来の老後の生活を考えると、預貯金に加えて運用性のある金融商品を使って貯めることも検討したいものです。, ●預金をベースに、iDeCoやつみたてNISAで分散しながら運用も }); 上述の総務省の調査で65歳以上の単身世帯のうち無職世帯の家計収支をみると、女性の場合、公的年金などの収入から社会保険料や税金などを差し引いた「可処分所得」は1カ月で121,441円。これに対して生活費である「消費支出」は153,433円で、約3万円の赤字であることがわかります。 }; function appearTitleTop(){ appendPageInfo(location.href, $('.news__title').last().text().trim()); $("title").html(info.title); var url_next = data.match(//)[1]; for (i = 0; i < readmoreArticleIds.length; i++) { pbjs.que = pbjs.que || []; sizes: [[300, 250]] if(isScrollUp() && appearTitleTop() != false){ 老後資金などを長期間かけて貯金するのに適している方法には、自動積立定期預金やiDeCo、つみたてNISAなどがあります。 return result; else if(isScrollDown() && appearTitleBottom() != false){ // open クラスが body についていなかったらスライドアウトする まず自動積立定期預金は、銀行などの金融機関でできる積立型の定期預金です。金額と振替日をあらかじめ設定しておくと、毎月自動的に普通預金口座から積立定期預金口座にお金が振り替えられます。振り替える金額は毎月1,000円以上1,000円単位などの少額から設定できます。, ●iDeCo(確定拠出年金) } googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_right1st', [300, 250], 'div-gpt-ad-1532055862384-0').setTargeting('client', ['aozora']).addService(googletag.pubads()); }); https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html, ファイナンシャル・プランナー(CFP(R))、金融知力インストラクター、健康経営アドバイザー slotName: '/27980561/s_fuelle_300x250_shinchakukijiichiranshita_25931', pbjs.setTargetingForGPTAsync(); menu.animate({'right' : -menuWidth }, 500); //loadingFlag = true; slotID: 'div-gpt-ad-1567145621854-0', ただ、男女いずれも1,000万円を超える貯金を持っているという結果に驚く人もいるのではないでしょうか。「私は1,000万円も持っていない……」と不安に思う人もいるかもしれません。それもそのはず。実際に平均値以上の貯金を持っている人はそれほど多くないのです。, ●6割以上は平均以下 つみたてNISAの対象になる投資信託は、販売手数料などのコストが低く、金融庁が投資家保護の観点で定めた一定の基準を満たすものに限られています。毎月の積立額は金融機関や投資信託の種類によって異なりますが、毎月100円から積み立てられるところもあります。, 出典:金融庁 NISA特設ウェブサイト より 老後資金・相続・事業資金に不安を持つ方に役立つ情報をハウス・リースバックマガジンの独身の老後資金はいくらあればいい?老後資金を用意する方法もご紹介ページです。 }); appear = false; if (document.URL.match('/detail/')) { googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1596447813446-0'); }); apstagSlots[1] = { // QueryParameterをパースして取得 const activeArticleIds = getArticleIdsByQueryString('active_article_id'); 金の見込額を入力するだけで、老後の生活に足りない額を自動計算! ※夫または妻が65歳以上の場合には対応しておりませんのでご了承ください // open クラスが body についていたらメニューをスライドインする if(document.URL.match("/invest/") || document.URL.match("/bargain/") || document.URL.match("/career/") || document.URL.match("/family/") || document.URL.match("/life/")){ if(found != null){ }; googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_right1st', [300, 250], 'div-gpt-ad-1532055862384-0').setTargeting('client', ['aozora_3632']).addService(googletag.pubads()); }); 独身女性の老後資金には最低2,000万円が必要 独身女性は、老後に備えていくら用意すればいいのでしょうか? 結論からお伝えすると、次のように2,000万~3,200万円は必要です。 今年(2019年)は老後資金2000万問題でざわつきましたが、ただの概算なのであまり信ぴょう性がありませんよね。. 独身者の貯金の平均額っていくら?30代、40代の平均貯金額は?自分の貯金は平均以上?もしもずっと独身だったら貯金はいくらあれば老後に足りる?十分な貯金のためには月々いくら貯めればよい?人には聞きづらい、独身の人の貯金について解説します。 slotName: '/27980561/s_fuelle_320x100_overlay_25931', slotID: 'div-gpt-ad-1532055862384-0', targetList.parents('.js-nav-readmore-block').toggleClass('js-nav-readmore-block'); sizes: [[300, 250]] }, 300); //0.3秒かけて現れる if(found != null){ if (document.URL.match('/detail/')) { return; var insert = $('
'); }); 今の時代、老後にどれだけの資金があれば生活していけるのか、不安に思う独身女性も多いのではないでしょうか。必要な老後資金は、約1,300万円~2,600万円と考えられています。そのため、40代、50代のうちから計画的に資金の確保を行うことが大切です。 googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_bottom_category', [300, 250], 'div-gpt-ad-1567147054633-0').addService(googletag.pubads()); sizes: [[300, 250]] }); $(this).parents('.js-nav-readmore-block').toggleClass('js-nav-readmore-block'); if(depth > i && top_pos < $(this).offset().top){ 保険会社、信託銀行、ファイナンシャル・プランナー会社を経て独立。 専門は保険、ライフプラン、節約、健康経営など。マネーに関する記事のほか、認知症予防、介護予防の観点からのライフプランの考え方や企業向け健康経営など健康とお金に関する執筆実績も豊富。, https://survey.gov-online.go.jp/h30/h30-nenkin/2-1.html, https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html, https://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/pdf/gaiyo2.pdf, https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life17/dl/life17-15.pdf, https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/html/gaiyou/s1_2_1.html, http://www.jili.or.jp/research/report/pdf/h30zenkoku/2018honshi_all.pdf. } bottom_pos = $(window).height() + $(window).scrollTop(), //現在のスクロール位置 また自分が亡くなった後には、葬儀や埋葬、生前に入院していた病院や介護施設の費用の支払い、行政への届け出などを人に頼むことが考えられます。これら事務手続きを代行してもらうことをあらかじめ契約に定めておくのを「死後事務委任契約」といいますが、司法書士や行政書士などの専門家に依頼すると、50万~100万円ほどかかるのが一般的です。 }, 300); //0.3秒かけて隠れる 'wander':'article_scroll', //@return pageInfo, false ■金融庁 NISA特設ウェブサイト google: false //or 次ページのリンクの位置まできたら次ページを読み込む apstag.init({ } info.url 50代以降では、貯蓄の約4割~5割近くを定期預金にあてています。また、生命保険の割合が40~50代にかけて約2割を占めており、いずれも女性のほうが多いようです。 function pushScrollDataLayer(){ }, function (bids) { body = $(document.body), ョンし、老後にかかる費用の目安を考慮して … menuBtn.on('click', function(){ } amazon: false, slotName: '/27980561/s_fuelle_320x250_categorypageunder_25931', for (i = 0; i < activeArticleIds.length; i++) { if(depth < i && bottom_pos > $(this).offset().top){ googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); } その傾向は男性よりも女性で強いと考えられます。40代では平均で年収の2倍前後、50代では年収の3~4倍、60代では年収の6~7倍の貯金を持っていますが、いずれの年代でも女性のほうが年収に対する貯蓄額が多いのです。一般的に、同じ年代や業種内で比較したときに女性は男性よりも年収が低い傾向がありますが、その分貯金に対する意識が高い人が多いのかもしれません。, ●普通預金・定期預金が貯金の大半 window.dataLayer = window.dataLayer || []; ・66歳から90歳まで https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/html/gaiyou/s1_2_1.html } googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_underrecommend2nd', [300, 250], 'div-gpt-ad-1562198480407-0').addService(googletag.pubads()); bidTimeout: 2e3 if(readmore_state != 'none' && bottom_pos > last_pos && $(window).scrollTop() < last_pos){ appear = pageInfo[index]; googletag.enableServices(); //divを外す pubID: '138f2e02-8341-4255-b4f3-872c3ced0f91', 40代以降では年代が高くなるにつれ預金の割合が低く、預金の中でも定期預金が多い傾向が見られます。使うためよりも「貯めるため」の貯金を意識していることがうかがえますが、その傾向は女性でより強いようです。 確かに定年退職間近で、かつ手元の貯金がほとんどないとなると、老後の生活には心もとないと言わざるを得ません。しかし老後まで時間があるなら、今からでも少しずつ貯めれば、十分に間に合うケースが少なくありません。, 下の図は、60歳までに1,000万円を貯めるために、毎月いくら貯めれば良いかを示しています。たとえば30歳から30年間で貯めるなら、毎月2.8万円を貯めれば60歳時に1,000万円になります。 return paramString.split('&'); if(document.URL.match("/invest/") || document.URL.match("/bargain/") || document.URL.match("/career/") || document.URL.match("/family/") || document.URL.match("/life/")){   14万6,425円×(12ヵ月×5年)=878万5,500円 googletag.defineSlot('/27980561/191004_fuelle_overlay', [[320, 100], [1, 1], [320, 50], [320, 91]], 'div-gpt-ad-1570154590195-0').setTargeting('client', ['aozora']).addService(googletag.pubads()); readmore_state = $('.js-nav-readmore-btn').css('display');//スマホ:'block' or undefined, //PC:'none' googletag.enableServices(); 'hitCallback': function(){document.location = url;} googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); }; } htpps://~~~?active_article_id=289 と指定すると var failSafeTimeout = 3e3; https://survey.gov-online.go.jp/h30/h30-nenkin/2-1.html slotName: '/27980561/s_fuelle_300x250_soukyakuwakushita1st_25931', setTimeout(function () { var info = currentPageInfo window.dataLayer.push({ } googletag.enableServices(); nextPage(); 会社員だった方が受給できる年金は、「厚生年金保険」から支給される老齢厚生年金です。, 厚生労働省が2019年に実施した「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、女性の厚生年金保険の受給額は、65歳以上で月10万8,756円です。, <自営業やフリーランスの方が受給できる年金> function isScrollUp(){ あなたの老後資金を計算してみましょう。 一人暮らしの場合です。 すでに数字が入っていますので、違うところに半角の数字を入れてください。 無い場合は、半角数字のゼロ 0 をいれてください。 if ($(this).scrollTop() > 100) { //100pxスクロールしたら appear = false; function updatePreScroll(){ 出典:総務省「老後の生活設計と公的年金に関する世論調査 平成30年(2018年)度」 //スクロールアップしたときにタイトルが上に現れたか //
  • になる $('img').attr('loading','lazy'); // 指定したQueryStringの記事Id一覧を取得 const pairs = getPairs(); } updateCurrentDepth(appearTitleTop().depth); function appearTitleBottom(){ } //@description 上部に現れたタイトルを取得 ; if (appear == false) { } 老後の一人暮らし場合、毎月必要な生活費は平均15.3万円程度と言われています。しかし、このデータ、住居費が1.8万円の計算なんです。つまり、持ち家の方を含めた平均になっているんです。では、実際には「老後の生活費っていくらかかるの? googletag.defineSlot('/27980561/191004_fuelle_overlay', [[320, 180], [320, 100], [1, 1], [320, 50], [770, 220]], 'div-gpt-ad-1570154590195-0').addService(googletag.pubads()); これが40歳スタートになると月4.2万円、50歳スタートになると月8.3万円と、遅くなるほど月々に貯めるべき金額が高くなります。毎月の家計に重い負担になりますから、少しでも早く貯め始めることが大切です。, 上記は現金など利息がつかない方法で貯めた場合の金額ですが、老後のために長期間かけて貯金するなら、利回りを意識するとより効率的に貯めることができます。, ●運用しながら貯めれば毎月の積立額が少なくて済む body.animate({'left' : -250 }, 500); }); } insert.insertAfter($('#box-content').children().last()); slotID: 'div-gpt-ad-1554079336101-0', found = $(this); //JQElement or undefined apstagSlots[1] = { } //無限スクロール処理 customized minowa $('.news__next').remove(); å‹™çœçµ±è¨ˆå±€ã€Œå¹³æˆ26å¹´ 全国消費実態調査」によると、 単身女性の生活費平均は16万7,163円です。 毎月約17万円として、20歳から女性の平均寿命87歳まで67年間の生活費を計算すると、17万円×12カ月×67å¹´=1億3,668万円。 }); result[key] = decodeURIComponent(keyValue[1]); function initReadmore(){ appendPageInfo(url_next, title_next); //次の記事情報を追加 if(data == '' || data.indexOf('news__content') < 0){ つまり、一部の人がきわめて高額な貯蓄を持っているなどの理由で平均値が押し上げられているのです。男性が1,118万円、女性が1,279万円という平均値よりも貯蓄額が少ない人は、男女共に6割以上を占めています。 夫婦お二人での老後に貯蓄が一体いくら必要なのか試算してみましょう。 公的年金だけで老後は大丈夫でしょうか? ご夫婦でゆとりある暮らしをするためにいくら貯蓄がご必要かお調べいただけます。 毎年40万円分の投資額まで、一定の条件を満たす投資信託を積立形式で購入した場合に得た利益に最長20年間、税金がかからない制度です。 貯金の状況は年代によって大きく異なります。コツコツと貯めていけば、時間が経つほど貯金の残高は増えるはずです。そこで年代別に独身世帯の貯蓄高の平均を見てみると、40代から60代にかけて年代が高いほど貯蓄額が多いことがわかります。, 独身男性の平均貯蓄額は40歳未満で373万円ですが、40代で796万円、50代で1,482万円、60代で1,611万円へと、年代が高くなるにつれ多くなっています。独身女性でも、40歳未満の平均貯蓄額の264万円に対して、40代では959万円、50代では1,383万円、60代では1,622万円と、年齢に比例して貯蓄額が高くなっています。, ところで、貯金をしたいと思いながらなかなか貯まらないと悩んでいる人には、「年収が上がればもっと貯められるのに」と思っている人もいるかもしれません。しかし、必ずしも年収と貯金額に強い関係はないようです。 function appendPageInfo(url, title){ articleIds.push(targetQueryParam); {url: url, title: title, depth: pageInfo.length} 生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査 平成30年度(2018年度)」によると、介護が必要な状態になって住宅改造や介護用ベッドの購入などをしてかかる一時費用は平均で約70万円、また介護サービスを受けながら生活することで自己負担する費用は月に平均で約7.8万円だそうです。介護を受ける期間の平均は約4年7ヵ月で、その間ずっと平均的な費用負担がかかるとしたら、合計で約500万円がかかります(ただし、公的介護保険には現在自己負担の上限が設けられています)。 }); !function(a9,a,p,s,t,A,g){if(a[a9])return;function q(c,r){a[a9]._Q.push([c,r])}a[a9]={init:function(){q("i",arguments)},fetchBids:function(){q("f",arguments)},setDisplayBids:function(){},targetingKeys:function(){return[]},_Q:[]};A=p.createElement(s);A.async=!0;A.src=t;g=p.getElementsByTagName(s)[0];g.parentNode.insertBefore(A,g)}("apstag",window,document,"script","//c.amazon-adsystem.com/aax2/apstag.js"); ; //

    が非表示になる googletag.defineSlot('/27980561/fuelle_inread2', [[300, 250], 'fluid', [320, 100], [1, 1]], 'div-gpt-ad-1596447813446-0').addService(googletag.pubads()); pbjs.que.push(function () { sizes: [[320, 100], [320, 50], [770, 220]] 'transport': 'beacon', for (i = 0; i < targetQueryParam.length; i++) {