日本総合研究所は、システムインテグレーション・コンサルティング・シンクタンクの3つの機能を有する総合情報サービス企業です。日本総研が発表する経済・政策レポートがご覧いただけます。 新型コロナワクチン開発の報道などを受けて世界経済に楽観論が広がり、新興国市場にも資金が流れ込んでいる。南アフリカやブラジルの通貨、インドの株式は11月以降、大きく値上がりしている。 データの集計方法 最新の経済指標ニュース。 中国、11月自動車販売は12.6%増 通年は2500万台に=業界団体 執筆: Reuters - 2020年12月11日 [北京/上海 11日 ロイター] - 中国汽車工業協会(CAAM)の付炳鋒・常務副会長は11日、今年の中国の自動車販売台数が2500万台を突破する可能性が高いとの見方を示した。 誘致, 実質GDP成長率、名目GDP総額、一人当たりの名目GDP:IMF "World Economic Outlook Database" 外務省 〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1地図電話(代表)03-3580-3311 法人番号 9000012040001地図電話(代表)03-3580-3311 法人番号 9000012040001 日銀短観(2020年第4四半期)08:50 結果 -10.0 予想 -15.0 前回 -27.0(大企業製造業・業況判断) 平成21年6月1日より地方公共団体金融機構の業務が開始されました。地方公共団体金融機構は、住民生活に不可欠な地方公共団体の事業に対して、必要な資金を融資しています。 日本総合研究所は、システムインテグレーション・コンサルティング・シンクタンクの3つの機能を有する総合情報サービス企業です。日本総研が発表する経済・政策レポートがご覧いただけます。 日本経済指標【景気ウォッチャー調査】 11/10 14:13 配信 景気ウォッチャー調査(10月)14:00 結果 54.5 予想 50.5 前回 49.3(現状判断) 結果 49.1 予想 49.8 前回 48.3(先行き判断) 日本; 日本の統計; 基礎的経済指標; 日本 日本のコンテンツ一覧 . 日本の対マレーシア輸出は電気・電子関連製品が約4分の1を占め、マレーシアの対日輸出は液化天然ガス(lng)等の鉱物性燃料が多くを占める。 日本企業の投資件数と投資額(製造業) 件数:53件 金額:37億9,220万リンギ Copyright (C) 1995-2020 Japan External Trade Organization(JETRO). ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。, 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。, 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。, 外国企業 日本研究助成事業. 日本台湾交流協会奨学金留学生懇親会を開催しました(2017年3月4日) 助成事業; 後援名義事業; 日本研究支援事業. 日本相互証券 日本相互証券hpー資料室ー主要レート推移直近3ヶ月 円相場: 日本銀行 金融経済統計ー外為相場等ー外国為替相場状況 日経平均株価: 日本経済新聞社 nikkei netー景気ウォッチー株式・円相場 株式売買高: 東京証券取引所 日本円が絡んだ通貨ペアには「米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円」などがあります。. 日本経済指標【日銀短観】 経済指標 2020/12/14(月) 09:00. 閉じる. 経済チャートで見る 新型コロナショック. こちらのページでは日本のさまざまな経済指標の中で重要と思われるものをピックアップしています。 日本の経済指標は米国ほど注目度は高くありませんが、それでもマーケット分析に有益な情報が多く存 … All rights reserved. 鉱工業生産指数、消費者物価上昇率、失業率、経常収支、貿易収支、金融収支、直接投資受入額、外貨準備高、対外債務残高、政策金利、対米ドル為替レート:IMF "International Financial Statistics" 輸出入額:IMF "Direction of Trade Statistics". 2019年度日本研究助成対象一覧; 2018年度日本研究助成対象一覧; 日本書籍の中国語(繁体字)翻訳・出版助成事業 トレーダーズ・ウェブは、株式・FX情報を配信する総合投資情報サイトです。株式ニュース、FXニュース、中国株ニュース、株価、チャート、経済指標はもちろん、レーティング、話題の銘柄、225先物手口、IPO情報といった人気の株式情報も無料で提供しています。 基礎的経済指標 最終更新日:2020年09月24日 基礎的経済指標. 日本経済の動向を把握するのに役に立つ経済指標を一覧できます。 国内総生産(GDP)成長率や物価上昇率など政府・日銀が注目する指標から金融市場の指標まで、データやグラフの保存もできます。 fxニュース:2020年12月14日(月)22時00分:[欧米市場の為替相場動向]12月14日(月)(日本時間)特になし 日本・経済指標の特徴. 指標発表時の結果によっては、円が大きく買われたり大きく売られたりします。. 最近の経済指標(国内)の現状と展望について直近の情報に基づいて多面的に紹介します。, 株式会社日本総合研究所The Japan Research Institute, Limited, 国内景気週報(12/7~12/11)11月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが45.6(前月差▲8.9ポイント)、先行き判断DIが36.5(同▲12.6ポイント)と低下。(PDF:375KB), 国内景気週報(11/30~12/4)7~9月期法人企業統計季報の設備投資は、全産業ベースで前期比▲1.2%と2四半期連続の減少。(PDF:353KB), 国内景気週報(11/24~11/27)10月の全国百貨店売上高は、前年比▲1.7%と13ヵ月連続の減少。国内市場が増加に転じた一方、インバウンドは大幅減が持続。(PDF:311KB), 国内景気週報(11/16~11/20)2020年7~9月期の実質GDP(1次速報)は、前期比年率+21.4%と現行統計で過去最大のプラス成長。(PDF:324KB), 国内景気週報(11/9~11/13)9月の第3次産業活動指数は前月比+1.8%と、4ヵ月連続の上昇。Go To キャンペーンを利用した人出の増加などを背景に、生活娯楽関連サービスが上昇。(PDF:357KB), 国内景気週報(11/2~11/6)9月の実質消費支出(二人以上世帯)は、前年比▲10.2%と12ヵ月連続の減少。レジャー関連の減少が続いたほか、家庭用耐久財も大幅なマイナスに。(PDF:320KB), 国内景気週報(10/26~10/30)9月の鉱工業生産指数は、前月比+4.0%と4ヵ月連続の上昇。基調判断は「持ち直している」に据え置き。(PDF:436KB), 国内景気週報(10/19~10/23)9月の貿易収支は3ヵ月連続の黒字。輸出は、中国向けの増加が続いたほか、米国向けも自動車を中心にプラスに転化。(PDF:320KB), 国内景気週報(10/12~10/16)8月の第3次産業活動指数は前月比+0.8%と、3ヵ月連続の上昇。自粛ムードの緩和や内食化の影響を受け小売業が上昇。(PDF:320KB), 国内景気週報(10/5~10/9)9月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが49.3(前月差+5.4ポイント)、先行き判断DIが48.3(前月差+5.9ポイント)と上昇。(PDF:365KB), 国内景気週報(9/28~10/2)日銀短観9月調査の業況判断DIは、大企業・製造業が11四半期ぶりに上昇。大企業・非製造業も5四半期ぶりの上昇。(PDF:449KB), 国内景気週報(9/23~9/25)8月の全国百貨店売上高は、前年比▲22.0%と11ヵ月連続の減少。インバウンドは入国制限の継続により、同▲86.1%と大幅減が持続。(PDF:290KB), 国内景気週報(9/14~9/18)8月の貿易収支は2ヵ月連続の黒字。輸出は、中国向けの増加が続いた一方、欧米向けが自動車や原動機などを中心に減少。(PDF:306KB), 国内景気週報(9/7~9/11)7月の実質消費支出は前年比▲7.6%と減少幅が拡大。(PDF:415KB), 国内景気週報(8/31~9/4)4~6月期法人企業統計季報の設備投資は、全産業ベースで前期比▲6.3%と2四半期ぶりの減少。(PDF:385KB), 国内景気週報(8/24~8/28)8月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)は、前年比▲0.3%と4ヵ月ぶりの前年割れ。(PDF:279KB), 国内景気週報(8/17~8/21)2020年4~6月期の実質GDP(1次速報)は、前期比年率▲27.8%と、リーマン・ショック直後を上回る大幅なマイナス成長。新型コロナの影響で、内需、外需ともに落ち込み。(PDF:333KB), 国内景気週報(8/11~8/14)7月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが41.1(前月差+2.3ポイント)と上昇した一方、先行き判断DIが36.0(同▲8.0ポイント)と低下。(PDF:349KB), 国内景気週報(8/3~8/7)6月の景気動向指数(CI一致指数)は、前月差+6.7ポイントと2ヵ月連続の上昇。基調判断は「悪化を示している」に据え置き。(PDF:349KB), 国内景気週報(7/27~7/31)6月の鉱工業生産指数は、前月比+2.7%と5ヵ月ぶりの上昇。基調判断は「下げ止まり、持ち直しの動き」に上方修正。(PDF:481KB), 国内景気週報(7/20~7/22)6月の貿易収支は3ヵ月連続の赤字。輸出は、中国向けが前年比ほぼ横ばいに回復したものの、欧米向けが、自動車などを中心に大幅減。(PDF:302KB), 国内景気週報(7/13~7/17)5月の第3次産業活動指数は前月比▲2.1%と、4カ月連続の低下。内外需要の急減を受けた生産活動の低迷により、卸売業などが大幅に低下。(PDF:271KB), 国内景気週報(7/6~7/10)6月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが38.8(前月差+23.3ポイント)、先行き判断DIが44.0(前月差+7.5ポイント)と、大幅上昇。(PDF:348KB), 国内景気週報(6/29~7/3)日銀短観6月調査の業況判断DIは、大企業・製造業が6四半期連続の低下で、2009年6月調査以来の低水準。大企業・非製造業も4四半期連続の低下。(PDF:409KB), 国内景気週報(6/22~6/26)5月の全国百貨店売上高は大幅な減少が持続。インバウンドが減少したほか、全国的な営業自粛の広がりなどにより国内市場も低迷。(PDF:303KB), 国内景気週報(6/15~6/19)5月の貿易収支は2ヵ月連続の赤字。欧米向けの輸出が、自動車や同部分品を中心に大幅減。(PDF:311KB), 国内景気週報(6/8~6/12)5月の景気ウォッチャー調査は、緊急事態宣言の解除を背景に現状判断DIが15.5(前月差+7.6ポイント)、先行き判断DIが36.5(同+19.9ポイント)と上昇。(PDF:345KB), 国内景気週報(6/1~6/5)4月の実質消費支出(2人以上世帯)は、前年比▲11.1%と7ヵ月連続の減少。外出自粛の影響で、レジャー関連や交通関連、外食関連などが大幅に下振れ。(PDF:352KB), 国内景気週報(5/25~5/29)4月の鉱工業生産指数は前月比▲9.1%低下し、2009年6月以来の低水準に。基調判断は「生産は低下している」から「生産は急速に低下している」に下方修正(PDF:421KB), 国内景気週報(5/18~5/22)2020年1~3月期の実質GDP(1次速報値)は、前期比年率▲3.4%と2四半期連続のマイナス成長。新型コロナの影響で、内需、外需ともに落ち込み。(PDF:354KB), 国内景気週報(5/11~5/15)3月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが7.9(前月差▲6.3ポイント)、先行き判断DIが16.6(同▲2.2ポイント)と低下し、調査開始以来の最低水準を更新(PDF:353KB), 国内景気週報(4/27~5/8)3月の鉱工業生産指数は、前月比▲3.7%と4ヵ月ぶりに大幅な低下。基調判断は「生産は一進一退ながら弱含み」から「生産は低下している」に下方修正(PDF:411KB), 国内景気週報(4/20~4/24)3月の全国百貨店売上高は前年比▲33.4%と、調査開始以来最大の減少に。インバウンド需要の消滅で、免税店売上高は同▲85.7%と大幅に減少(PDF:297KB), 国内景気週報(4/13~4/17)2月の第3次産業活動指数は、前月比▲0.5%と4ヵ月ぶりに低下。インバウンド需要の減少や外出自粛の影響を受け、宿泊業や飲食サービスなどが低下(PDF:286KB), 国内景気週報(4/6~4/10)3月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが14.2(前月差▲13.2ポイント)、先行き判断DIが18.8(同▲5.8ポイント)と大幅に悪化し、調査開始以来の最低水準に。(PDF:387KB), 国内景気週報(3/30~4/3)日銀短観3月調査の業況判断DIは、大企業・製造業が5四半期連続の低下でマイナス圏に。大企業・非製造業も3四半期連続の低下(PDF:407KB), 国内景気週報(3/23~3/27)2月の全国百貨店売上高は、前年比▲12.2%と5ヵ月連続の減少。訪日客の減少で免税総売上高が同▲65.4%の大幅減(PDF:298KB), 国内景気週報(3/16~3/19)2月の貿易収支は4ヵ月ぶりの黒字。新型コロナの影響で中国からの輸入が大幅減(PDF:298KB), 国内景気週報(3/9~3/13)2月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが27.4(前月差▲14.5ポイント)、先行き判断DIが24.6(同▲17.2ポイント)と大幅に悪化(PDF:355KB), 国内景気週報(3/2~3/6)10~12月期法人企業統計季報の設備投資は、全産業ベースで前期比▲4.2%と、2四半期連続の減少(PDF:350KB), 国内景気週報(2/25~2/28)1月の鉱工業生産指数は、前月比+0.8%と2ヵ月連続の上昇。基調判断は「弱含み」から「生産は一進一退ながら弱含み」に変更(PDF:429KB), 国内景気週報(2/17~2/21)2019年10~12月期の実質GDP(1次速報値)は、前期比年率▲6.3%と5四半期ぶりのマイナス成長。消費増税や台風の影響で、個人消費が落ち込み(PDF:220KB), 国内景気週報(2/10~2/14)1月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが41.9(前月差+2.2ポイント)と上昇した一方、先行き判断DIが41.8(同▲3.7ポイント)と低下(PDF:239KB), 国内景気週報(2/3~2/7)12月の景気動向指数(CI一致指数)は、前月から横ばい。基調判断は「悪化を示している」に据え置き(PDF:221KB), 国内景気週報(1/27~1/31)12月の鉱工業生産指数は、前月比+1.3%と3ヵ月ぶりの上昇。基調判断は「生産は弱含み」に据え置き(PDF:311KB), 国内景気週報(1/20~1/24)12月の貿易収支は2ヵ月連続の赤字。輸出は、米国向けの自動車や、欧州向けの一般機械などで減少幅が拡大(PDF:201KB), 国内景気週報(1/14~1/17)11月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+18.0%と大幅に増加。鉄道車両の大型受注が押し上げ(PDF:240KB), 国内景気週報(1/6~1/10)11月の景気動向指数(CI一致指数)は、前月差▲0.7ポイントと4ヵ月連続の低下。基調判断は「悪化を示している」に据え置き(PDF:219KB), 国内景気週報(12/23~12/27)11月の鉱工業生産指数は、前月比▲0.9%と2ヵ月連続の低下。基調判断は「生産は弱含み」に据え置き(PDF:297KB).

叙々苑 焼肉のたれ 使い方, Qgis Xyzタイル Googlemap, Google Authenticator 手動で入力 キー, Yahoo Tポイント 連携 変更, 赤ちゃん 鳴き声 判別, ニーアレプリカント マモノ 言葉, ペアーズ 要注意人物 女性, クイーン ライブエイド 感動, ヒロアカ 22巻 無料, Youtube 時間制限 タブレット, デスクワーク プレゼント 女性,